私たちは映像を通して社会のお役に立ちたいと考えております。
社会教育・学校教育・ドキュメンタリー・PR映像等の企画・製作・
販売・配給・映像ライブラリーの岩波映像株式会社

販売作品のご案内



ズッコケ三人組の
ぼうはん教室
〜ゆうかい・連れ去りから自分を守る〜

DVD ライブラリー価格:

DVD 学校価格:
(幼稚園・小学校のみ)

幼児・小学生向け/DVD/カラー/約17分/2020年作品

防犯教育アニメーション

文部科学省選定

学校教育教材・社会教育(教材)
小学校中学年/高学年・少年向き
特別活動・地域社会生活(防犯)

監修
一般社団法人安心安全教育協会 理事長 清永奈穂

ズッコケ三人組のぼうはん教室〜ゆうかい・連れ去りから自分を守まもる〜pdf

我が国では、子供の誘拐・連れ去りといった犯罪が暮らしの中で頻繁に起こっています。
犯罪者は常に、子供などの犯罪弱者を狙っています。そのため、子供の時から、「まさか自分が...」と思うのではなく「自分も被害にあうかもしれない」と積極的に防犯意識を身につけさせなければなりません。
そこで今、全国の幼稚園や小学校で展開されているのが、小さいうちから体験を通して防犯力を育てる「体験型安全教育」です。もし犯罪者が近づいてきたら、もし襲われたとしたら、どのようにして危険を回避するか、その具体例を一つ一つ子供自身に体験させていくものです。
本作品では、こうした防犯力をズッコケ三人組にも体験させながら、ただ子供の誘拐・連れ去りに「危ない」「気をつけて」という知識を教えるだけでなく、子供自身が「自分で自分を守る力」を身につけていくことの大切さを教えていくものです。

「ズッコケ三人組」シリーズ ©那須正幹・前川かずお・高橋信也・ポプラ社
「はちみつじまん」®、「ひまわり」®は株式会社ステップ総合研究所の登録商標です。

チラシ画像をクリックするとpdfファイルでご覧いただけます。

たいへん!女の子が危ない!

怪しい男に追われた女の子が走って逃げて行く。
「なんだ?事件か!」ハカセ、ハチベイ、モーちゃんのズッコケ三人組は、あわてて後を追った...
と、公園に逃げた女の子を拍手で迎える、とあるグループそれは子どもたちが自分の身は自分で守るよう学習する、体験型安全教室に参加しているグループだった...

子どものゆうかい・連れ去りが増えている

ニュースで子どものゆうかい。連れ去りが増えていると知った三人組。
先日の体験型安全教室の先生に、くわしいことを聞きに行くことにした。二人が先生から教わった、怪しい人の5つの特徴「はよちみつじまん」、怪しい場所の4つの特徴「ひまわり」とは?

ズッコケ三人組、安全学習を体験する

日曜日、公園では体験型安全教室が開かれている。襲われそうになったら、大声を出して叫ぶ、防犯ブザーを鳴らす、掴まれたときの身の守り方、ロケットダッシュ、友だちが付きまとわれて困っていたら?など、三人は自分の身を守る方法を次々と身につけていく。安全教室の帰り道、街で「こども110番の家」を見つけた三人。いつも地域の人々が子どもたちを守ってくれていることを確認。ズッコケ三人組の表情には、笑顔がひろがっていく。

企画・制作:高木裕己/藤井正和
脚本・監督:高木裕己