私たちは映像を通して社会のお役に立ちたいと考えております。
社会教育・学校教育・ドキュメンタリー・PR映像等の企画・製作・
販売・配給・映像ライブラリーの岩波映像株式会社

販売作品のご案内



幼児とのかかわりを考えるシリーズ

DVD/カラー 約20分(全3巻)
●全巻セット 100,000円(上映権付き 税別)
●シリーズA 4作品入り 40,000円(上映権40,000円 いずれも税別)
●シリーズB 3作品入り 30,000円(上映権30,000円 いずれも税別)
●シリーズC 3作品入り 30,000円(上映権30,000円 いずれも税別)

この作品は、岩波映像オンラインショップで
お取扱いしております。

オンラインでのご注文は商品のボタンをクリックしてオンラインショップに進んで下さい。セット販売のページへ進みます。各巻ごとのご注文は以下からお進み下さい。
シリーズAをご購入
シリーズBをご購入
シリーズCをご購入


新任教師が園生活の中で、幼児とかかわるいくつかの場面が写し出されています。ビデオを見た後で話し合ってみましょう。

(監修/文部科学省 幼児教育課)

幼児とのかかわりを考えるシリーズ チラシ 表面(780KB)
幼児とのかかわりを考えるシリーズ チラシ 裏面(991KB)

【シリーズA】

①新しい先生とともに (4才児)

保育は、幼児理解にはじまります。幼児とのかかわりに戸惑う場面を通して、幼児理解のあり方を考えていきます。


②はじめての幼稚園(4才児)

登園、かたづけ、お弁当など、毎日の園生活で垣間見る幼児の思いにふれながら、その指導のあり方を考えていきます。


③こんなことがおこったら(4才児)

園生活で起こる様々な出来事は、いずれもが幼児の発達にかかわる大切な場面です。生活の中で育つ姿やそのための援助を考えていきます。


④新しい生活がはじまって(3才児)

幼児の目には、園生活がどのように映っているのでしょうか。新しい園生活が始まって戸惑う幼児の姿から、幼児とともに園生活のリズムをつくり出すということを考えていきます。

【シリーズB】

⑤せんせい、見てて(4才児)

一人一人に応じていくためには、幼児一人一人のやっていることに温かい関心を寄せながらその思いを受け止めていくことが必要です。一人一人に応じる指導のあり方を考えていきます。


⑥だって、やりたいんだもん(4才児)

幼児一人一人が、その子らしさを発揮していくためには、温かな雰囲気のある学級をつくり出すことが大切です。友だちとの出会いから始まる暮しづくりを考えていきます。


⑦せんせいは、トオルくんとつきあってるんだよ(4才児)

幼児の話に最後まで耳を傾け、行動を見守るという、教師としてのかかわりは、幼児との信頼関係を築き、充実した園生活をつくり出すことにつながります。

【シリーズC】

⑧ふたりだったら チョーさみしそう(4才児)

幼児の主体的な活動は友達とのかかわりの中で、より豊かになっていきます。幼児一人一人の心を受け止め、幼児同士のかかわりを深めながら、一人一人のよさを生かす指導のあり方を考えていきます。


⑨ここだからね せんせい(5才児)

幼児の主体的な活動を促すためには、幼児一人一人の思いや願いを受けとめ、それにそって教師が様々な役割を果たすことが必要です。幼児理解に基づく保育について考えていきます。


⑩アリちゃんはアメリカへいっちゃったの(3才児)〜3歳児・5月の生活〜

園生活に慣れ、安定した気持ちをもって生活するようになるためには、幼児一人一人の心の動きにそった教師のかかわりが大切です。入園当初の3歳児の姿から、幼児理解に基づく保育について考えていきます。