私たちは映像を通して社会のお役に立ちたいと考えております。
社会教育・学校教育・ドキュメンタリー・PR映像等の企画・製作・
販売・配給・映像ライブラリーの岩波映像株式会社

販売作品のご案内



子どもはうったえている ~幼児と保育者のかかわり~

(5歳児)21分/1983(昭和58)年/文部省選定
DVD一般販売価格:35,000円(税別)施設内貸出・施設内上映可
DVDライブラリー価格:45,000円(税別)団体貸出・館外無償上映可

製作意図

楽しい筈の幼稚園でも、よくみるとしらけた子どもの姿があります。保育者はそれに気づかずに通りすごしてしまいます。気づいてもどうしてよいかわからずに放りだしてしまいます。或いは荒れた姿があります。それも子どものせいにして打つ手を考えずに見過してしまいます。
このままにしておいては何か大変なことになるのではないか―そこでこうした子どもの現実や、保育者の現実に目をそむけずに大胆に見すえ、ひとつひとつをじっくりと見直していかなければならないと考えたのです。
そのためにはまず子どもたちの悲鳴にも近い心のうったえをきくことから始めなければ... そんな思いでこの映像をとらえたのです。話合いの糸口となれば幸いです。


この映画の活用にあたって

幼児にいきいきと活動してほしいということは、保育者なら誰しもが願うことなのですが、口で云えるような簡単なことではありません。幼児と保育者の信頼関係の中で育くまれていく日々の実践の積み重ねの結果ともいわれることなのです。そして、そのためには、保育者自身が自分の保育に問題意識をもって一つ一つ見直して研修をしていく必要があると思います。
この映画は、そのような研修活動に活用して項きたいと考えます。そこで、子どもがいきいきしていないと思われる場面にカメラをむけてみました。
すると子どもたちは、いろいろな姿や表情、声や言葉で自分の内面を訴えているではありませんか。そして保育者は、案外、そのことを見逃したり、聞き逃したりしてしまい、はては、子どものせいにしてしまいがちですが、それを続けていると大変なことになるのではないか、と気づきました。
この映画は、あるクラスの実態です。このような問題と思われる場面は、特別なものではなく、実はよく見ると、どこの園や学級にもあるのです。
ですから、ある保育者の提案でもあり、'悩みの訴えでもあるわけです。この提案を手掛かりに皆で話し合い考え合うことによって、一人一人の保育者が自分の保育を見直すきっかけを作ることができればと思います。
ぜひ、子どもの訴え、担任の先生の訴えに耳を傾けてください。その原因を追求してください。保育者は何をすればよいか、何のために保育者がいるのかを考えてみて頂きたいのです。
この映画の活用のし方も工夫してみて頂けませんか。例えば始め無声でみて、話し合い、三度日に音を出して視るなどが考えられます。
とにかく、一度でなく、二度三度みていただきたいのです。そうして話を深めて項くことによって、問題を堀りさげることができると思います。
最後に、このような本音のありのままの資料をこころよく提供してくださいました先生方、関係の方々に心より御礼を申しあげたいと思います。

文部省 初等中等教育局 幼稚園教育課教科調査官 高杉自子


あらすじ

一見、子どもが遊んでるようにみえている風景をよくみると、どうして何をして遊んでよいのかわからない。でも遊びたくてたまらないのだということがみえてきます。友だちとも群れて遊びたいのにどう友だちにかかわってよいかわからない一そんなこともみえてきます。力を試したい、面白いこともしたい、友だちとも一緒に何かやりたい。いろいろな子どもの心の奥深くにある要求を汲みとるには保育者はどうすればよいのでしょうか。一見あぶないと思われる姿も、ほんとは子ども同志がもっと体ごと力をぶつけて自分を試したい心の叫びでもあるのです。子どもが自分を安心して出しきれていない時には、その姿はどんどん荒廃していきます。
この映画では、子どもの荒廃した姿と、それと正反対に同じ子どもがいきいきとする姿をとらえることが出来ました。
このふたつの違いは何から生まれるのかを考える材料として並べてみました。
そこには、単純に教材の違いとか、経験の浅さ、深さだけでは捉えきれない何かがあるように思います。子どもが保育者を信じているのか、甘えられる相手なのか、遊びのリーダーとして尊敬しているのか、心の奥深くで人間と人間としてつながりあえているのか、そんなことを考えさせられます。保育の形態を変えてみても〜自由保育とか一斉保育とかの違いを述べてみても〜人間が育つためにはほんとに何が大切なのでしようか。


    主な対象

  • 現職教員
  • 保育学習
  • 保育者養成学校

子どもはうったえているpdf

企画・制作:岩波映画製作所
協力:日本視聴覚教育協会


チラシ画像をクリックするとpdfファイルでご覧いただけます。