私たちは映像を通して社会のお役に立ちたいと考えております。
社会教育・学校教育・ドキュメンタリー・PR映像等の企画・製作・
販売・配給・映像ライブラリーの岩波映像株式会社

販売作品のご案内



20世紀最大の巨匠イングマール・ベルイマン 黄金期の傑作選【デジタル・リマスター版】

DVDライブラリー価格
3本セット ¥171,000(税別)
6本セット ¥324,000(税別)
学校・公共利用に限り館外貸し出し可の権利処理済み。
監督:イングマール・ベルイマン 1918年スウェーデン生まれ。52年の『不良少女モニカ』がヌーヴェル・ヴァーグの作家たちに激賞されて以降、『夏の夜は三たび微笑む』(55)、『第七の封印』(57)、『処女の泉』(60)が各国の映画祭で受賞。60年代には<神の沈黙>三部作と呼ばれる『鏡の中にある如く』(61)、『冬の光』(63)、『沈黙』(63)を発表。82年の5時間超えにわたる大作『ファニーとアレクサンデル』発表後、監督を退く。03年、突如20年ぶりに『サラバンド』を監督。07年、自宅にて89歳で死去。生涯に手がけた作品は50本以上にのぼる。


セットベルイマン三大傑作


■第七の封印


監督・脚本:イングマール・ベルイマン
出演:マックス・フォン・シドー グンナール・ビョルンストランド ニルス・ポッペ ビビ・アンデショーン
1957年/スウェーデン/モノクロ/97分/
© 1957 AB Svensk Filmindustri
第10回カンヌ国際映画祭 審査員特別賞
第七の封印画像
人生の意味を探る哲学的寓話。ペストが蔓延し世界の終末に怯える中世のヨーロッパで、十字軍の遠征から帰途についた騎士が、彼を追う死神に命がけのチェスの勝負を挑む。ラストの"死の舞踏"をはじめ名場面の連続で後世に多大な影響を与えた傑作。ウッディ・アレンが「最も好きで、最も影響を受けた映画」と。


■野いちご


監督・脚本:イングマール・ベルイマン
出演:ビクトル・シューストレム グンナール・ビョルンストランド イングリッド・チューリン ビビ・アンデショーン
1957年/スウェーデン/モノクロ/91分/
© 1957 AB Svensk Filmindustri
第8回ベルリン国際映画祭 金熊賞
1962年度キネマ旬報 外国語映画ベストテン第1位
野いちご画像
アンドレイ・タルヨフスキーがオールタイム・ベストに挙げた、人生の豊かさとやさしさに満 ちあふれた一本。人生の終わりにさしかかって旅をする老医師の一日を通じて、人間の老いや死、家族をテーマに、夢や追想を織り交ぜて描き、青春時代の失恋の思い出を野いちごに託した叙情的な一編


■処女の泉


監督:イグマール・ベルイマン/脚本:ウッラ・イーサクソン/撮影:スヴェン・ニクヴィスト
出演:マックス・フォン・シドー ビルギッタ・ヴァルベルイ
1960年/スウェーデン/モノクロ/89分/
© 1960 AB Svensk Filmindustri
第33回アカデミー賞 外国語映画賞
第17回ゴールデン・グローブ賞 外国語映画賞
1961年度キネマ句報 外国語映画ベストテン第1位
処女の泉画像
可な少女に起こった悲劇と、残された父親の痛烈な復讐を描く。北欧の清らか な光と影のコントラストが絶品。黒澤明監督を敬愛するベルイマンが、『羅生門』の影響を受けて誕生させた珠玉の名作。フランソワ・トリュフォーが高く評価した役者への演出の素晴らしさが見事に結実した、ベルイマンの代表作。




セットベルイマンの黄金期


■夏の遊び


監督:イングマール・ベルイマン/脚本:ウッラ・イーサクソン/撮影:スヴェン・ニクヴィスト
出演:マックス・フォン・シドー ビルギッタ・ヴァルベルイ
1951年/スウェーデン/モノクロ/89分/
© 1951 AB Svensk Filmindustri
夏の遊び画像
ジャン=リュック・ゴダールが絶賛した初期の傑作。ベルイマンが学生時代に書いた小説「マリー」を自ら脚色し、プリマ・バレリーナの過去の苦い恋を描く。後の『野いちご』を想わせるフラッシュバックを使用。日記をもとに回想する主人公が、現在と過去を行き来しながら最後に未来への答えを見つけだす。


■夏の夜は三たび微笑む


監督・原案:イングマール・ベルイマン/脚本:イングマール・ベルイマン ヘルヴェット・グレヴェーニウス
出演:マイ・ブリット・ニルソン ビルイェル・マルムステーン アリフ・シェリーン
1955年/スウェーデン/モノクロ/90分/
© 1955 AB Svensk Filmindustri
夏の夜は三たび微笑む画像
20世紀初頭を舞台に、北欧の白夜のなか複数の男女入り乱れる恋を描いた軽妙なタッチのコスチューム・プレイ。ベルイマン作品には珍しいエロテイックな喜劇だが、緻密な構成、見事なショットの構図、充実した俳優らの演技力など作品の完成度が高く評価された。1973年にブロードウェイでミュージカル化も。


■冬の光


監督・脚本:イングマール・ベルイマン/音楽:J・S・バッハ
出演:グンナール・ビョーンストランド マックス・フォン・シドー イングリッド・チューリン
1963年/スウェーデン/モノクロ/86分/
© 1963 AB Svensk Filmindustri
1963年度OCIC国際カトリック映画局グランプリ
第8回ウィーン宗教映画週間 最優秀外国映画賞
冬の光画像
信仰に疑念を抱いた牧師の苦悩を通して、「神の不在」を描いたベルイマンの自伝的要素の濃い入魂の名編。新聞で中国の核開発を知った男が終末への恐怖から自殺。牧師は何も出来ずにただ祈るのみだ。神は何故沈黙したままなのか?教会の中で時間とともに変化する細やかな光が見事に表現されている