私たちは映像を通して社会のお役に立ちたいと考えております。
社会教育・学校教育・ドキュメンタリー・PR映像等の企画・製作・
販売・配給・映像ライブラリーの岩波映像株式会社

販売作品のご案内



カトマンズ三部作
カタプタリ/カトマンズに散る花/カトマンズの約束
―The Kathmandu Trilogy―

DVD各巻:一般・図書館用価格:18,000円(税別)

個人視聴・個人貸出・館内上映・学校使用可

DVD各巻:ライブラリー価格:60,000円(税別)

個人視聴・個人貸出・館内上映権・学校使用・団体貸出・館外上映可

52〜133分(詳細は本文をご覧ください)/ネパール語音声/日本語字幕

伊藤敏朗監督ネパール映画作品集

神秘の国ネパールの魅力がたっぷり!珠玉の傑作選

カトマンズ三部作pdf

神秘と伝説の国。ネパール。その首都カトマンズで劇映画を撮り続ける伊藤敏朗監督が、現地の名優ガネス・マン・ラマ主演で完成した代表作が、遂にDVDになりました。ネパールの文化と暮らしを知り、日本との交流の絆を考える珠玉の傑作選をぜひご覧ください。

チラシ画像をクリックするとpdfファイルでご覧いただけます。

『カタプタリ〜風の村の伝説〜』

2008年(52分)

ヒマラヤの妖精と人間の少年がネパールの農村で時空を超えて心をかよわすファンタジー。ネバールの農村文化や、伝統的町並み保存問題、そして人の心に宿る天啓の奇跡を描いた感動作。ネパール政府国家映画賞ほか受賞。予告編とメイキング(16分)付。

同時収録 記録映画『ネパール・アイ2072』

2018年(74分)

2015年(ネバール暦2072年)のネパール大地震、現地で新作に挑んだ伊藤監督と人々の暮らしに密着したドキュメンタリ。氏家とわ子監督作品。ナレーションをネパール文芸研究の第一人者・野津治仁氏が担当。

『カトマンズに散る花』

2013年(133分)

ネパール文学の最高峰・マダン賞を受賞した文豪パリジャート女史の小説『シリスコフル(シリスの花)』初の完全映画化。ビルマ戦線で日本軍と戦い心を病んだグルカ兵・スヨグと、シリスの花に囲まれた洋館で厭世的な思索に耽る謎の女・サカンバリ。ふたつの孤独な魂の激しくも哀しい出逢い。大震災前の美しいカトマンズの街並みを捉えた貴重な映像は、ネパール政府国家映画賞撮影賞を受賞。ほかネパールディジタル映画祭批評家賞など受賞。予告編付。

『カトマンズの約束』

2018年(119分)

2015年4月25日ネパールを襲った未曾有の大震災で現地に急派された日本の国際緊急援助隊員と、ネパールの人々との間に生まれた新たな絆をドラマチックに描く。主演のガネス・マン・ラマが実際に日本隊に果たした功績により感謝メダルを授与された実話をもとに、日ネ両国の交流を謳いあげた震災復興支援映画。予告編とメイキング(9分)、カットシーン(8分)付。

日本とネパールを映画で結ぶ、俳優兼プロデューサーと日本人監督

主演:ガネス・マン・ラマGanesh Man Lama

1958年カトマンズに生まれる。俳優・プロデューサー。1990年代のTVシリーズ『カンチ』と『マイリ』で一世を風靡して人気俳優となり、多数の映画に出演。1997年ネパール・日本の初の合作映画『ミテリ・ガウン〜愛の架け橋』に主演。2015年のネパール大地震救援のため現地に赴いた日本の国際緊急援助隊の現地コーディネーターとして奮闘した。

監督:伊藤敏朗Dr. Toshiaki ltoh

1957年大分市生。東京農業大学卒、日本大学大学院芸術学研究科博士後期課程修了・博士(芸術学)。東京情報大学教授などを歴任。ネパール映画監督協会所属の唯一の外国人監督として両国の文化交流にあたり第1回ネパール社会貢献者表彰を授与された。著書『ネバール映画の全貌〜その歴史と分析』(2011年、凱風社)ほか。