私たちは映像を通して社会のお役に立ちたいと考えております。
社会教育・学校教育・ドキュメンタリー・PR映像等の企画・製作・
販売・配給・映像ライブラリーの岩波映像株式会社

販売作品のご案内



政治のはたらきと私たちの暮らし DVD全3巻

DVD各巻:一般販売価格:17,000円(税別)
DVD各巻:ライブラリー価格:34,000円(税別)
対象:中学校/カラー/ステレオ/各巻約27〜29分

政治の仕組みを分かりやすく理解する

政治のはたらきと私たちの暮らしpdf

この数年特に顕著な日本の社会環境の変化は、子ども達にも何らかの思いを抱かせているはずです。彼らが「自分の周りはなぜ変わってきたのだろう、これからどうなるのだろう」と考えるときの拠り所のひとつは、『政治』についての知識です。
この作品では実写やイラストを豊富に使用し、具体例を挙げながら『政治』のしくみやはたらきを分かりやすく紹介します。私たちのくらしは『政治』によって決められ、守られていること、そしてなにより『政治』は私たちが参加することで成り立つのだということが実感できることでしょう。



チラシ画像をクリックするとpdfファイルでご覧いただけます。

「自治」の精神をはぐくむために

 「政治って何?」「憲法とは?」と聞かれて、明確に答えられる生徒はどのぐらいいるでしょうか。
 これまでの公民的分野の学習において、このもっとも基本的な問いは投げかけられることなく、政治単元の授業が進められてきたような気がします。これで政治のしくみとはたらきや憲法を理解したと、はたして言えるでしょうか。
 地方や国の政治は、私たちのくらしに様々な影響を与えています。道路や交通網、税金や福祉など、朝起きてから寝るまで、地方や国の政治との関わりなしで、私たちのくらしは成り立ちません。そして、憲法はというと、私たち一人一人を尊重する政治のあり方を定めているものなのです。
 本教材は、この基本的な問いを核にしながら、私たちのくらしと政治との関係を明らかにするとともに、法の意義と日本国憲法、日本の民主政治のしくみとはたらき、地方自治と選挙のしくみ、裁判員制度を含む裁判のしくみとはたらきなどを学習し、憲法をはじめとする様々な法や政治のはたらきによって、私たちの生活が守られていること、そして、この民主政治をつくっていくのは私たち自身であることを理解させるものです。
 憲法の基本原理である「個人の尊重」の考え方を中心とした政治単元全体の構造化を図るとともに、民主政治の基本となる「自治」の考え方を強調しており、新しい学習指導要領で打ち出された基礎的基本的な知識や概念の習得、社会参画に関する学習の充実などに対しても寄与できるものとなっています。
 授業の導入に、そして授業のまとめに、本教材を大いにご活用ください。

監修:館 潤二(筑波大学附属中学校 副校長)

第1巻

個人の尊重と日本国憲法

 この巻では、「個人の尊重」について考えることから、日頃遠い存在のように思える憲法について、そして法にもとづく政治についての理解を促します。年齢・性別・文化・障がいの有無などの違いを認め合い、互いを尊重することによって、みんなが安心して暮らせる社会が存在しているということ、「個人の尊重」の上に成り立つ民主主義において、「みんなで決めて良いこと、決めてはならないこと」があるということを、身近な例によって明らかにしていきます。また、民主政治のしくみの基本である「三権分立」、長年の人類の英知によつて築き上げられた「憲法の三原則」などを、図やイラストを用いて分かりやすく解説します。

●日本社会の考え方の基本とは●個人の尊重とは●社会のあり方は誰が決めるのか●みんなで決めて良いこと、みんなで決めてはならないこと●法にもとづく政治●憲法の制定と民主政治の確立●日本国憲法の三原則

第2巻

民主政治と政治参加

 この巻では、私たちのくらしと政治とのつながりを実感させながら、国の政治、地方の政治のしくみを学んでいきます。国の政治については、唯―の立法機関である国会、行政権を執行する内閣のしくみやはたらきを、実際の国会の様子や、写真・イラストを活用して解説しています。また、間接民主制、政党政治についても説明を加えました。そのうえで、国民が自らの代表者を選ぶ選挙のしくみ、1票の格差、投票率の問題などに触れることで、国民の政治参加の基本が選挙であることに気付かせるよう工夫しています。地方の政治については、首長や議会の役割を分かりやすく解説するとともに、住民投票などについて見ていきます。民主政治は私たち「国民」が参加し、ともにつくっていくものなのだという認識をより深めることができます。

●民主政治とは●私たちのくらしと政治●国の政治―国会のしくみ●国の政治―内閣のしくみ●国の政治―選挙のしくみ●地方公共団体のはたらきとしくみ

第3巻

法にもとづく公正な裁判

 この巻では、裁判所のしくみとはたらきを中心に、日本の司法制度について解説していきます。裁判所の種類、三審制のしくみについて説明するとともに、裁判のモデルケースを見せることで、刑事裁判と民事裁判の違いを明確に理解できるようにしました。刑事裁判では、その手続きの流れ、被告人の権利、そして2009年から新たに導入された「裁判員制度」を、民事裁判では、その手続きの流れを解説します。また、行政裁判についての説明も加えました。さらに、裁判官の身分保障など司法権の独立、違憲立法審査権(法令審査権)、国民審査や弾劾裁判所などについて詳しく見ていきます。最後にシリーズのまとめとして、三権相互の関係、日本の民主政治は日本国憲法の下に成り立っていること、そしてその中心には国民の存在があることを確認しています。政治を私たちのくらしに直結する身近なものとして考え、常に向きあっていく必要性を訴えます。

●司法権とは●裁判のしくみ●刑事裁判―審理●裁判員制度●民事裁判●司法の独立●政治のはたらきと私たちのくらし

協力(順不同)

内閣府/防衛省/宮内庁/衆議院/参議院/最高裁判所/独立行政法人国立公文書館/さいたま地方裁判所/さいたま家庭裁判所/さいたま簡易裁判所/民主党/自由民主党/東京都/北海道奈井江町/東京消防庁/東京都交通局/東京都選挙管理員会/中野区選挙管理委員会/千代田区選挙管理委員会/埼玉県滑川町選挙管理委員会/品川区清掃事務所/葛飾区双葉中学校夜間学級/松陰神社通り商店街/日本国民救援会/コクヨ株式会社/株式会社イトーキ/朝日新聞社/毎日新聞社/読売新聞社/筑波大学附属中学校