私たちは映像を通して社会のお役に立ちたいと考えております。
社会教育・学校教育・ドキュメンタリー・PR映像等の企画・製作・
販売・配給・映像ライブラリーの岩波映像株式会社

販売作品のご案内



いのちと向き合う がんを学ぼう
全3巻

DVD各巻:学校、公共図書館価格:18,000円(税別)
DVD各巻;視聴覚ライブラリー:36,000円(税別)

DVD全3巻/各巻約15分/字幕版選択可

監修:植田誠治
(聖心女子大学教授)

対象

小学校高学年〜中学校〜高等学校/各種教育機関

教科

保健体育、特別活動、道徳、総合学習

がんを通していのちの大切さを考える映像教材

いのちと向き合う がんを学ぼうpdf

 学校におけるがん教育は、2012年の第2期がん対策基本計画から盛り込まれ、2020年度に小学校、21年度中学校、22年度に高校でがん教育を本格実施することが明示されました。保健体育のほか、道徳、特別活動、総合学習などで扱うことが想定されています。目標として「がんの予防、早期発見・検診などへの正しい知識を身につける」「がんと向き合う人々と触れ合うことを通じて自他の健康と命の大切さ、生き方を考える」などとしています。
 本シリーズでは、がんについての正しい理解と共感的な理解を深めることを通して、自他の健康といのちの大切さを学んでいきます。がんとはどのような病気なのか、早期発見とがん検診、がんの治療法、がん患者への理解について学び、共に生きる社会づくりに寄与する資質や能力の育成を図り、また、がんを通していのちの大切さを考える映像教材です。

チラシ画像をクリックするとpdfファイルでご覧いただけます。

①がんってなんだろう?

 がん検診をご存知でしょうか?そしてそのがん検診はどんな人が受けていると思いますか?がんは現代日本においては非常に身近な病気であり、一人ひとりががんに対して正しい知識を持ち、対峙していくことが求められています。
 この巻ではがん研究センターに取材し、専門家の話を聞き、がんを取り巻く社会の状況、海外との比較も交えながら、様々な観点からがんの基礎知識を学びます。また、普段は見ることのできない実際のがん検診の場面も収録し、児童生徒たちのがん検診の必要性への意識を高めます。

②がんを通して《命》を考える

 身近な人ががんにかかることは誰にでもあり得ることであり、また、自身ががんにかかることもあるかもしれません。家族ががんになったとき、あなたはどのように接することが出来るでしょうか。自分ががんにかかったとき、あなたは何を思い、どう行動していくでしょうか。
 この巻では小児がん当事者とその家族の声を聞き、児童生徒たちに「いのち」についての問いを投げかけます。映像を視聴した後に本テーマについて考え、議論することで、児童生徒たちが「いのち」の大切さを感じ、肯定的、能動的に生きていくための多くのヒントを得ることが出来ます。

③がんと共に生きる社会

 近年はがん闘病を公表して社会で活躍する人が増えてきています。がんは重大な病気ではありますが、必ずしも命に関わるわけではありません。2人に1人ががんになる現代において、今必要とされているのは、がんと共に生きていける社会であり、そのためには、正しい知識を身につけるだけではなく、病気に対する差別や偏見を払拭していくことも重要です。実際にがんと闘いながら社会生活を送る当事者の方の声に耳を傾け、そうした社会を作るために何が必要かを考えます。また、国のがん対策や、学校教育におけるがん教育の取組についても紹介します。