私たちは映像を通して社会のお役に立ちたいと考えております。
社会教育・学校教育・ドキュメンタリー・PR映像等の企画・製作・
販売・配給・映像ライブラリーの岩波映像株式会社

販売作品のご案内



「買ってきて!」は詐欺です

DVD:学校価格(中学校・高校のみ):33,000円(税別)

DVD:ライブラリー価格:65,000円(税別)

カラー/19分/2016年作品/字幕版も収録

中学生以上・一般(10代 20代)向け消費教育DVD

文部科学省選定

若者を狙うプリペイドカード(電子マネー)詐欺


「買ってきて!」は詐欺ですpdf

 携帯電話やメールを悪用した特殊詐欺でインターネット上での買い物に使えるプリペイド型の「電子マネー」を編し取られる被害が全国で急増しています。現金を口座に振り込ませたり、直接受け取ったりする必要がなく、犯行の「足跡」を残しにくいことが理由とみられます。警察庁によると、2014年後半から増え始め、2015年1月〜6月での全国での被害額は約1億9,500万円に上り、前年同期の約28倍となりました。特に、電子マネーの使用に抵抗感の薄い若者に被害が広がっています。
 そこで、この作品では、どのようなケースで若者が標的にされ、被害が増加しているのか、実際に若者が被害に遭った事例を再現ドラマで描き、それぞれの事例で未然に被害を食い止める方法を訴えています。

チラシ画像をクリックするとpdfファイルでご覧いただけます。

■許歎事例➀

 カフェで休憩をしているAさん(23歳)。 何気なくメールを確認すると、画面には『有料コンテンツ料金未納により法的措置を行います』といった文面が。そして、相手の言われるがままに、プリペイドカードで利用料金を支払ってしまう⋯。
 ここでは、プリペイドカードの種類や決済の仕組みについて、専門家の話を交えながら解説する。

■許欺事例➁

 Bさん(26歳)の元に、『1億円あげます』という内容のメールが届く。喜んだ Bさんは、相手とやり取りをするために、メールに記載されたリンク先(出会い系サイト)の登録をすることにした。サイトではメールのやり取りのためにポイントを購入しなければならない。「1、 2回のやり取りで終わるだろう。」そう思った Bさんはプリペ イドカードを購入し、ポイントを使ってメールを送るのだが⋯。

■許欺事例➂

 CさんとDさん(ともに22歳)は、スマートフォンで動画を楽しんでいる。動画のコメント欄に『もっとすごい動画はこちら』とあり、ふざけてタップすると、アダルトサイトの 『登録完了』の文字が現れる。慌てて解約しようとサイトの管理会社に電話をかけるのだが、「解約前に利用料金を支払え」と言われ、相手の言われるがままにプリペイドカードで利用料金を支払ってしまう⋯。

■被害に遭わないために

 特殊詐欺に騙されないための心がまえを挙げていく。不審に感じたらその場で解決しようとせずに、消費者ホットライン『188(いやや)』に相談しよう。

【監修】消費生活コンサルタント 木村嘉子

【撮影協力】独立行政法人 国民生活センター
【企画・制作統括】高木裕己
【脚本・演出】長谷巌一郎
【コーディネーター】斎藤晃顕