私たちは映像を通して社会のお役に立ちたいと考えております。
社会教育・学校教育・ドキュメンタリー・PR映像等の企画・製作・
販売・配給・映像ライブラリーの岩波映像株式会社

販売作品のご案内



豪雨ごううの危険を考える
検証 西日本豪雨

DVD:ライブラリー価格:65,000円(税別)

DVD:学校価格:33,000円(税別)

(中学校・高校のみ)

中学生・高校生向け/約20分/カラー/2019年作品

文部科学省選定

防災教育DVD

【監修】
東京大学大学院情報学環 総合防災情報研究センター
特任教授 片田敏孝

大雨のとき、豪雨の危険、助ける助かるpdf

 西日本を襲った「平成30年7月豪雨」により、土砂崩れや河川の氾濫が広い範囲で同時多発的に発生し、200人以上の死者を出す未曾有の災害となりました。日本では水害が毎年のように起きていますが、今後は地球温暖化の影響で、ますます激しい大雨が増えていくと懸念されています。
 本作品は、まず大雨が発生する原因とそれがどのような危険を生み災害となっていくかを、過去の豪雨被害の実態と被災者の声を紹介しつつ、イラストやCGを組み合わせてわかりやすく解説します。そして、危険が迫っていることを事前に知るための情報収集の方法、気象庁などから出される災害情報の内容を紹介します。さらに、いざというときの身の守り方や、日頃準備しておくべきことを示しています。

チラシ画像をクリックするとpdfファイルでご覧いただけます。

大雨発生のしくみ

集中豪雨や台風が起こる仕組みをCGで解説。

大雨による災害

大雨がもたらす洪水、土砂災害、土石流などについて。

大雨から身を守る

住んでいる地域のどこにどのような危険があるのか、予め知っておくことが大切。

監修の言葉

 死者200人を超え、平成最悪の水害となった西日本豪雨。この豪雨は広い範囲で数日間続き、広域災害となったのが大きな特徴で、今までに例のない規模となりました。いつやむとも知れない雨が河川の水位を上昇させ、山はたっぷり水を含み、災害がどこで起きてもおかしくない緊張状態⋯多くの人は、集中豪雨とは異なる長雨の怖さを感じたと思います。
 今回の豪雨で改めて想い知らされたのは、気象情報をこまめにチェックし、危険が迫っているときには、ためらわずに避難することです。情報は、災害時には人の命を左右する命綱となります。ですから、情報は〔伝える〕だけではなく、〔伝わる〕ことが大切で、住民の避難行動に結びつかなくては意味がありません。また、自分の住む地域にはどんな災害リスクがあるかを確認しておくことも大切で、ハザードマップの役割は極めて重要です。
 この作品では、大水害が起きるメカニズムを明らかにし、大水害から命を守るための情報と避難のあり方をわかりやすく描いています。また、実際に今回の豪雨で愛媛県大洲市三善地区の約900名の住民は、浸水被害を受けても取り残された住民は一人もなく、死傷者ゼロでした。それは普段から、住民一人ひとりが訓練を通して、避難準備の心構えと避難行動を身につけていたからです。
近い将来の大水害に備えるために、いま私たちが身につけておかなければならない必要な知識や心構えを学習できる内容となっています。

東京大学大学院情報学環 総合防災情報研究センター 特任教授 片田敏孝

協力・画像提供等:大洲市/三善公民館/三善自治会/気象庁/国土交通省九州地方整備局 大隅河川国道事務所/ピクスタ

企画・制作統括:高木裕己
脚本・演出:川崎けい子