私たちは映像を通して社会のお役に立ちたいと考えております。
社会教育・学校教育・ドキュメンタリー・PR映像等の企画・製作・
販売・配給・映像ライブラリーの岩波映像株式会社

販売作品のご案内



壊れゆく森から、持続する森へ

DVD ライブラリー価格:
館内視聴・館内無償上映(※)・館外個人貸出・館外団体貸出(※)・学外貸出・授業利用可
(※について、場合により上映料のお支払いが必要になります。詳しくは本文末尾をご覧下さい)

2020年/DVD/カラー/40分/バリアフリー字幕版も収録

監修:上垣喜寛(NPO法人自伐型林業推進協会事務局長)

協力:NPO法人自伐型林業推進協会

ディレクター:香月正夫(セミコ)

制作:PARC

壊れゆく森から、持続する森へ画像

国土の約7割を森林が占める日本。戦後復興を支えてきた林業も、高度成長期を過ぎると林業従事者が減少し、「儲からない産業」の代名詞となりました。一方、戦後に植えられた人工林の林齢が50年を超えたことで、政府は「伐採時期を迎えた」として大規模化・集約化を促進。多くの森で主伐(皆伐)が行われ、見た目も無残な姿に変わった山も少なくありません。森が失われたことで、災害時の土砂崩れ防止や気候変動の対策が弱くなる懸念もあります。
背景には、山林「所有者」と「施業者」との分離を進め、地域を森林・林業から遠ざけてきた戦後日本の林業政策があります。このように「持続可能でない」現在の林業に対して、根本的な転換を試みるのが「自伐型林業」です。適正な規模の森林をくり返し間伐することで環境にも配慮した持続的な林業経営が可能になります。こうした「小さな林業」を核とした地域づくりの活動にも注目が集まっています。
自伐型林業の盛んな鳥取県智頭町の取り組み、山主の声、自伐型林業を推進する全国ネットワークを取材、さらに林業の専門家や林野庁のインタビューなど多面的に紹介。持続可能な林業のあり方を提案します。

本作品で、不特定多数の方を対象とした上映会開催の場合上映料のお支払いが必要になります。
1回の上映毎に の上映料を上映会主催者様からNPO法人アジア太平洋資料センターへの支払いが必要になります。
授業での上映など、特定できる視聴者に向けての施設内での上映の場合は、上映料のお支払いは必要ありません。