私たちは映像を通して社会のお役に立ちたいと考えております。
社会教育・学校教育・ドキュメンタリー・PR映像等の企画・製作・
販売・配給・映像ライブラリーの岩波映像株式会社

販売作品のご案内



対話の会の進め方

DVD/74分
学校・団体・ライブラリー価格 12,000円(税別)
(教材上映/個人団体・団体向け館内貸出/個人・団体向け館外貸出《承認済み》無償上映可)

この作品は、岩波映像オンラインショップで
お取扱いしております。

オンラインでのご注文は商品のボタンをクリックしてオンラインショップに進んで下さい。


対話の会2.jpg 対話の会HP.jpg

ロールプレイを通じてはじめてみえる心の領域
少年犯罪、いじめ問題解決に有効な「対話の会」の手法
より多くの市民ボランティアの参加を!


市民ボランティアが進行役となり、被害者と加害少年、そして、家族や地域の人々が集まり、お互いの気持ちを語り合い、どうしたら被害者の心が癒され少年が立ち直れるか、そうしたことを話し合うのが「対話の会」です。


第一部 準備「準備段階が重要」

第一部では、対話の会を開くための準備段階のプログラムと
進行役の役割をロールプレイを通じて具体的に解説していく。


第二部 実施「四段階のプログラム」

入念な準備を経て行われる「対話の会」は、進行役が出席者に基本ルールを説明し、全員の了承のもとに始まる。そして、用意された四段階プログラムに沿って進められ、目的を達成してゆく。
第二部では、ロールプレイを通じて「対話の会」がどのように
行われるか、四段階プログラムのポイントと進行役の役割をみていく。


対話の会の進め方pdf

チラシ画像をクリックするとpdfファイルでご覧いただけます。


人は対話をすることで自らの行為を知ることができ、トラブルを解決に導きます。市民ボランティアが進行役となり、当事者が顔を合わせ直接話し合う「対話の会」の手法は、少年犯罪の場合だけでなく、いじめや校内暴力が多発する教育現場の問題や地域住民間のトラブルまでひろく応用が可能です。
「対話の会」の理念と手法をまとめたこのDVDが多くの市民の間で活用されることを期待します。

NPO法人 被害者加害者対話の会運営センター 理事長 山田 由紀子(弁護士)