私たちは映像を通して社会のお役に立ちたいと考えております。
社会教育・学校教育・ドキュメンタリー・PR映像等の企画・製作・
販売・配給・映像ライブラリーの岩波映像株式会社

販売作品のご案内



清明上河圖(せいめいじょうがず)〜北宋 首都・汴京(べんけい)繁盛記〜
中国絵巻物シリーズ

DVD価格 個人貸出・館内上映可能:10,000円(税別)
個人貸出・館内上映・団体貸出・館外上映可能:20,000円(税別)
一般社団法人 中日文化研究所 研究費助成映像
製作協力:岩波映像株式会社
【スタッフ】研究・映像演出:重森貝崙/撮影・編集:廣瀬充男/整音・選曲:吉田茂一/CG・イラスト:藤原久子/ナレーション:藤村紀子
30分
清明上河圖pdf

宋代、とくに北宋時代は、中国史上でも個性的な輝きを発している時代です。安定した農業生産に支えられて絹織物、石炭、鉄の生産などの工業が勃興しました。これに伴い、流通・消費もまた拡大し、パワー溢れる商業力により、極めて質の高い都市文化が形成されました。首都は古い運河をリニューアルした運河・汴河(べんが)沿いに置かれました。それが汴京で、汴京は東京(とうけい)とも称され、また開封(かいほう)という名称でも呼ばれました。「清明上河圖」は12世紀初頭、北宋末・徽宗(きそう)皇帝時代に張擇端(ちょうたくたん)という画家が、清明節の頃、汴京を遡るような目線で首都・汴京の賑わいを描いた絵巻物です。この映像では、汴河を遡航する船の構造や、操船する人たちのリアルな動態、汴河の象徴・虹橋(こうきょう)で繰り広げられている緊迫したドラマ、そして、汴京のさまざまな老舗や、市街を行き交う騎乗の貴人から天秤棒を担ぐ小商いの人などのイキイキした人物群像を捉え、移動撮影を駆使しながら、この絵巻の躍動感溢れる魅力に迫っています。

また、同時代の汴京を記録した書物である「東京夢華録(とうけいむかろく)」からもその記載内容を引用し、その当時の食文化がすでに大変高いレベルにあったことをも、併せて紹介しています。



チラシ画像をクリックするとpdfファイルでご覧いただけます。