私たちは映像を通して社会のお役に立ちたいと考えております。
社会教育・学校教育・ドキュメンタリー・PR映像等の企画・製作・
販売・配給・映像ライブラリーの岩波映像株式会社

販売作品のご案内



BBC earth
SERIES 3

DVD 9シリーズ 全27巻セット:ライブラリー価格:486,000円(税別)
DVD各巻:ライブラリー価格:18,000円(税別)
館内視聴・館内無償上映・館外個人貸出・館外団体貸出・学外貸出・授業利用

日本語吹替版/制作年、各収録時間は本文をご覧ください

驚異の映像美!

ネイチャー・ドキュメンタリーの最高峰!

BBC earth画像

全9シリーズ 詳細は下記のタイトルをクリックしてください。

ダイナスティ―ズ
めぐる季節はワンダーランド
アニマルライフ
動物を救え・動物の棲みか
動物の謝肉祭
華麗なるトリックスター
絶景のかなたへ
新種発見!?史上最大の恐竜・魚竜
シャーク

ダイナスティ―ズ

生きものたちの壮大なる王国と家族の物語。

特典映像:メイキング・オブ・ダイナスティーズ
製作総指揮:マイケル・ガントン「小さな世界はワンターランド」「ライフ〜いのちをつなぐ物語〜」
シリーズ・プロデューサー:ルパート・バーリントン
日本語版ナレーション:牛山茂/2018年/イギリス/
※メイキングは英語音声・日本語字幕版になります。

BBC earth画像1

vol.1 チンパンジー 王座をめぐる闘い

本編:約50分/メイキング:約9分

西アフリカのセネガルで、デビッドと呼ばれるオスが率いるチンパンジーの群れに密着する。デビッドは3年もの間、群れのボスとして君臨してきたが、今は味方となるオスの仲間がおらず孤立無援だ。乾期になり希少な餌場に群れが集結すると、ついにライバルのオスたちがボスの座を狙って夜間にデビッドを襲撃。重傷を負ったデビッドは群れに置き去りにされる。果たしてデビッドの王座復活はなるのか。

写真:©Mark Mac Ewen

vol.2 コウテイペンギン 極地の子育て術

本編:約50分/メイキング:約9分

厳寒の南極でコウテイペンギンの9か月にわたる過酷な子育てに密着する。秋になり湾が凍結すると、コウテイペンギンの大群が繁殖のために集結。優雅な恋の儀式を経て、つがいが誕生する。氷の上は外敵がおらず安全だが食物がないため、産卵が終わるとメスは卵をオスに預けて海へ食事に向かう。オスたちは卵を温めながら更に絶食を続け、集団でスクラムを組むように体を寄せ合って猛吹雪と寒さに耐えなければならない。

写真:©Stefan Christmann

vol.3 ライオン 百獣の女王

本編:約50分/メイキング:約8分

アフリカ、ケエアのマサイマラ国立保護区に生息する"マーシュ・プライド"と呼ばれるライオンの群れに密着する。通常、ライオンはオスが群れを守りメスが子育てをするが、珍しくオスが全て群れを離れてしまい、いとこ同士のメスライオン、チヤームとシエナが2頭で8頭の子供たちを守り養わざるをえなくなった。様々な困難の中でマーシュ・プライドは生き残ることができるのか。

写真:©BBC

vol.4 リカオン 王国の終焉

本編:約50分/メイキング:約9分

絶滅危惧種リカオンのメスのリーダー、テイトとその一族に密着する。テイトは縄張りで長年一族の平和を保ってきたが、年とともに力が衰え、周囲との緊張が高まってきた。テイトの娘で今は自らの群れを率いるブラックチップは、群れのメンバーが増えて土地が手狭となり、母親の縄張りを奪うべく攻撃を仕掛ける。チームワークによって生き延びてきた一族が、家族同士の対立で存続の危機に直画する。

写真:©Nick Lyon

vol.5 タイガー 縄張りを守れ

本編:約49分/メイキング:約9分

インドのバンダウガル・トラ保護区にすむラージベラと呼ばれるメスのトラとその一家に密着する。ラージベラの縄張りは水も獲物も豊富なジャングルの中だが、4頭の子供を産んだ彼女は、子育てをしながら獲物を狩り、縄張りも守らなければならない。幼い子供たちも成長するにつれて食欲が旺盛になり、餌の確保が追いつかなくなってきた。ラージベラはついに保護区の外での狩りを試みるが、それは危険な賭けだった。

写真:©BBC NHU

ページトップに戻る

めぐる季節はワンダーランド

極端に変化する気候の中を生き抜く、動物たちの生態に注目したシリーズ!

製作総指揮:ジョー・シンナー
シリーズ・プロデューサー:ポール・ブラッドショウ
日本語版ナレーション:三木眞一郎
2016年/イギリス

BBC earth画像2

vol.1 ニューイングランドの森

約52分

ニューイングランドの森は、夏の新緑の時期から秋の黄金と真っ赤に染め上げる紅葉の時期が、地球上で最も美しく信じられない光景になる。本作では、この活気に満ちた美しい現象が、木々と森林に暮らす生き物と自然との闘いによって、どのように作られたかを明らかにしていく。驚くべきことに、森はビーバー、蟻、人間たちの共同作業によって色どりを濃く深くしていく。

写真:©BBC 2016

VOL.2 スヴァールバル諸島

約52分

北極地方のスバルバードは、1年のうちの何ヶ月も完全な暗闇の中で過ごし、冬の気温は-40度まで下がり和らぐことはない。しかし、太陽が再び現れるとその氷の風景は一変、まるで魔法のように、エキゾチックな植物、鳥、北極のキツネ、ホッキョクグマ、セイウチ、トナカイでいっぱいに。彼らの「生」の輝きの変化をくまなく捉え、様々な生物がこの風景の変化を生みだしている様子を描いていく。

写真:©BBC

vol.3 オカバンゴ・デルタ

約52分

オカバンゴ・デルタは世界最大の内陸デルタの一つでたくさんの命を豊かに支えている。豊かな湿地の島、ラグーンともいえるこの土地は、広大でのっぺりしたカラハリ砂漠の真ん中でどのように生まれたのか。毎年この地域で起こる洪水が、どのように風景を変え、ここで暮らす動物たちの命に影響を与えているかを明らかにしていく。この特異なデルタ(三角州)形成の謎に迫る。

写真:©BBC 2016、©Tom Walker

ページトップに戻る

アニマルライフみんな健気にサバイバル

知恵をしぼり様々な環境に適応し生活する動物たち。

プロデューサー:ヴァーティ・ホワイト/サリー・トムソン
シリーズ・プロデューサー:ロジヤー・ウェッブ 製作総指揮:マイケル・ガントン/ナイジェル・ポープ
2016年/イギリス

BBC earth画像3

vol.1 人里、それはふしぎの国

約80分

フランス南部。城壁に囲まれた美しい村で暮らす野生動物の1年を絵本のような幻想的な映像で綴る。春にかけて冬眠していた動物が目覚める中、屋根裏部屋に棲みついたオオヤマネは、約8カ月も冬眠をするためまだ眠っていた。初夏から真夏にかけて、アオガラはひなへの給餌で大忙し。秋が訪れると、動物は冬支度を始める。人間の世界と野生動物の暮らしが絶妙に共存する姿を描く。

日本語版ナレーション:雨蘭咲木子
写真:©Travel VIaD/Shutterstock

vol.2 氷の国の動物たち

約53分

野生動物カメラマンが、過酷な雪と氷の環境に暮らす動物たちを追う。ノルウェーの北極圏で暮らすオオカミは、チームで狩りをする。辺り一面雪景色のなかどうやって寒さから身を守っているのか。ホッキョクグマは生涯のほとんどを氷の上で単独で過ごし、断熱効果のある厚さ10センチもの脂肪を維持するため、鋭い嗅覚を使って狩りをする。南極に住むマイナス70度の世界で生きられるペンギンの秘密とは?

日本語版ナレーション:落合弘治
写真:©Steven Kazlowski/naturepl.com

vol.3 ホテル・アルマジロ

約53分

多種多様な生き物がいる世界最大の熱帯性湿地、ブラジルのパンタナール大湿原。生物学者のデスビエズ博士はチームとともにオオアルマジロの調査に挑む。彼らは生涯の大半を巣穴で過ごすため、見つけるのが極めて困難で、生態がほとんど解明されていない。長い年月の中で、オオアルマジロが毎日のように新しく巣穴を作り、立ち去った後の巣穴をさまざまな動物が"ホテル"のように活用している姿が発見された。

日本語版ナレーション:糸博
写真:©Giant Armadillo Project

ページトップに戻る

ナチュラルワールド動物を救え・動物の棲みか

動物と人間との共存を描いた、えりすぐりの1話完結ドキュメンタリー!

BBC earth画像4

vol.1 マントヒヒ 先住民とのせめぎ合い

約52分/2012年/イギリス

5年近くに及ぶ研究者マット・パインズのマントヒヒとの生活にアファール族からの危機が迫る!エチオピアのアワッシュ国立公園に生息するマントヒヒにとっての強敵は、マントヒヒを害獣と考える先住民のアファール族。下手をすればマットにも銃の矛先が向けられる緊迫した状態に。彼は人間とサルの抗争に歯止めをかけることが出来るのか!?その過程に迫る。

製作:ロブ・サリヴアン
シリーズ・エディター:スティーヴ・グリーンウッド
日本語版ナレーション:梅津秀行

写真:©John Brown

vol.2 僕はカンガルー・ママ

約50分/2013年/イギリス

オーストラリアを南北に隔てるスチュアート・ハイウェイ沿いには、トラックにひかれ死んでいる多くのカンガルーと、親の袋の中で息絶え絶えになっている赤ちゃんたちがいた。そんな中、プロルガという男性が母親を失ったカンガルーの赤ちゃんのママ代わりになる。野生に戻すことを目標に、日夜カンガルーたちに寄り添い続ける姿を追う面白・感動ドキュメンタリー!

製作:アンドリュー・グレアム・ブラウン/スティーヴ・グリーンウッド
日本語版ナレーション:喜多村英梨

写真:©Andrew Graham Brown/Tom Musti‖

vol.3 育メン・オオカワウソ奮闘中

約50分/2013年/イギリス

アマゾンのジャングルに棲むオオカワウツの生態に迫る!アペルーのマヌ-国立公園。その中心にある湖にオオカワウソの一家が棲んでいるが、タフな彼らも川の汚染など環境破壊の影響を受ける。人間と動物はどう共生すべきかという社会派の視点も盛り込んだ、親子そろって見て安心して楽しめる、ほのぼのドキュメンタリー!

製作:アンドリュー・グレアム・ブラウン/スティーヴ・グリーンウッド
日本語版ナレーション:岡本麻弥

写真:©Charlie Hamilon James

ページトップに戻る

ナチュラルワールド動物の謝肉祭カーニバル

"生き残り"をキーワードに厳選された面白作品!

BBC earth画像5

vol.1 ラヴァーズ 〜求愛の季節

約50分/2013年/イギリス

求愛の仕方や相手の選び方は、動物によってさまざまだ。オドリホウオウのオスはオリジナルダンスでメスにアピールし、ホッキョクグマのメスは健康なパートナーを見つけるためにオスに体カテストを課す。一生同じパートナーと過ごす動物は少ないが、毎年欠かさず妻に求愛のダンスをするカグーや、相手が死んでも何日間も寄り添うマツカサトカゲなどの意外な行動をとる生き物も。

プロデューサー:マーク・フレッチャー
日本語版ナレーション:内田夕夜

写真:©Rosie Thomas

vol.2 シャチ 〜優しい殺し屋〜

約53分/2013年/イギリス

"殺し屋クジラ"の異名で長年恐れられてきたシャチ。50年前に初めて生け捕りにされたことをきっかけに、本格的な研究が始まった。シャチは高い知能と強いチームワーク、そして社会性のある動物だ。食性やサイズから3タイプに分かれるが、新種が発生している可能性もあるという。最新の研究結果では、シャチの脳内には感情を処理する細胞があることも分かり、さらに新たな側面が解明されようとしている。

監督・プロデューサー:ビル・マークハム
製作総指揮:クリス・コール
シリーズ・エディター:ロジャー・ウェッブ
日本語版ナレーション:遊佐浩二

写真:©Bob Pitman

vol.3 ハゲワシ 〜美しき野獣〜

約50分/2014年/イギリス

死肉を漁るハゲワシは醜くて不潔だと思われているが、実は美しく気高い鳥なのだ。専門家とともに、東アフリカのハゲワシの秘密に迫る。食事のとき、ハゲワシは我先にと争い合っているように見えるが、実はそこには食べる順番や秩序がある。また、彼らが駆除されているせいで、ケニアのマサイマラ国立保護区ではヌーの死骸が大量に残り腐敗する事態が起きている。ハゲワシが自然界の秩序をも守る姿に迫る。

プロデューサー:チャーリー・ハミルトン=ジェームズ
製作総指揮:クリス・コール
シリーズ・エディター:ロジャー・ウェッブ
日本語版ナレーション:てらそままさき

写真:©Halcyon Media Ltd

ページトップに戻る

華麗なるトリックスター自然界のオキテ破りたち

さまざまな曲者たちを紹介!騙し騙され生きる動物たち。

シリーズ・プロデューサー:ホリー・スピアリング
製作総指揮:ティム・スクーンズ
日本語版ナレーション:岩崎ひろし 2015年/イギリス

BBC earth画像6

vol.1 生まながらのペテン師

約53分

大自然の中で生き延びるために、自分の身を必死で守る動物たち。その自黒のしま模様で敵に距離を錯覚させるサバンナのシマウマ。世界最大級のヤモリは、体の模様を周囲の森林に同化させることで敵から身を隠す。またカリフォルニアジリスは、ヘビの体臭を体にこすりつけることで身の安全を確保する。敵を欺く驚異のペテンの数々を紹介する。

写真:©GmbH/Shutterstock 2015

vol.2 キテレツな晩餐

約53分

大自然の中で食糧を確保するために、動物たちが取る秘策の数々を紹介する。ハナカマキリは自らの外見を花に似せて獲物が近づくのを待ち続ける。シャチは獲物を捕まえる際に自分の音を消して近づき、ホホシロザメは体の色を海の色になじませることによって獲物に近づくことができる。またカニクイザルは、人間から盗んだ貴重品との物々交換の交渉で食べものを得られることを知っているという。

写真:©Chris Packham 2015

vol.3 ハニートラップ

約53分

大自然の中で命をつなぐための、動物たちの恋の駆け引きを紹介する。メスをおびき寄せるためだけに「あずまや」をこしらえるオオニワシドリ。ハサミを大きく魅力的に見せるため、目の錯覚を用いてメスを引き付けるカニ、シオマネキ。タカの仲間チュウヒのオスは女装することでほかのオスとの張り合いを避ける。コウイカのオスも女装をするが、体の大きなオスからメスを奪うのが目的なのだった。

写真:©JaneIIe Lugge/Shutterstock 2015

ページトップに戻る

絶景のかなたへそこにある奇跡

世界中の絶景と、そこに住む人々や生物の驚異の物語を伝える!

シリーズ・プロデューサー:アリフ・ナルモハンマド
製作総指揮:マーク・ヘッジコー
日本語版ナレーション:石住昭彦
2015年/イギリス/写真:BBC

BBC earth画像7

vol.1 命がけ

約50分

エベレストのアイスフォール・ドクターと呼ばれる登頂ルートを整備するシェルパや、バガンと呼ばれるいかだで生活しながら漁をするニューギニア沖の人々、土地の象徴カリフォルニアコンドルが鉛に汚染されていないかどうかを調べるグランドキヤニオンの専門家などを紹介。過酷で壮大な自然と共生しながら生きている人々を追う。

vol.2 大いなる水

約50分

アフリカ南部、ザンベジ川流域の漁師たちは、乾期にヴィクトリアの滝で命がけの漁をする。大型動物の多くが絶滅したヨーロッパで、いくつかの野生動物の命をつないだフランス、カマルグの湿原。アマゾン川の氾濫で水没した林では古代魚ピラルクーの漁が行なわれる。インドネシア、ラジャ・アンパット諸島では乱獲からマンタを守るため、保護活動がはじまりつつある。

vol.3 イニシエーション

約50分

アマゾンのサテレ・マウェ族の少年たちは、大人の戦士として認められるため、通過儀礼を経験する。ミツバチの50倍の痛みとも言われる毒針を持つアリに手を指されることに耐えなければならない。モンゴルの大平原で馬のブリーダーを夢見る少年。自分の育てた馬で運命のレースに挑む。ボルネオ島の巨大洞窟ディア・ケイブにはアナツバメの巣を採取する親子がいる。

ページトップに戻る

新種発見!?史上最大の恐竜・魚竜

巨大恐竜の骨格標本復元に挑みながら、謎に包まれた整体に迫っていく!

プレゼンター:デヴィッド・アッテンボロー(声:志村貴博ほか)
監督・プロデューサー:シャーロット・スコット/サリー・トムソン
製作総指揮:マイケル・ガントン「ライフ〜いのもをつなぐ物語」/マイルズ・バ―トン
2018年/イギリス

BBC earth画像8

vol.1 史上最大の恐竜パタゴティタン

約46分

2014年、アルゼンチンの砂漠で巨大な化石骨が発見されたというニュースが報じられた。それは地球上最大の恐竜のものだった。本作は発見に携わった科学者たちの仕事を2年間にわたり追ったもので、220以上の骨から長さ37メートルの骨格をつなぎ合わせる様子が描かれている。そのような巨大な生命がどのように生き、なぜ絶滅したか。最先端のグラフィックアートの力を借りその生態に迫る。

写真:©BBC 2015、©BBC/William Hicklin 2015

vol.2 ジュラ紀の巨大魚竜

約52分

イギリスの海岸で注目すべき化石が発見された。それはジュラ紀の巨大な「海竜」である魚竜類の化石だった。これはこの恐竜が生きていたことの発見なのか?デイビッド・アッテンボローと「巨大恐竜」を支援するチームが調査に参加。最先端のスキヤン技術を用いて、科学者チームがこの巨大な捕食者の骨格を3Dで復元していく。彼らは全く新しい種類の海洋爬虫類の存在を発見したのか?

写真:©BBC

ページトップに戻る

シャーク海洋の覇者

約30種類のサメに密着!海洋の覇者、サメの生態に迫る!

製作総指揮:マイケル・ガントン「小さな世界はワンダーランド」「ライフー〜いのちをつなぐ物語〜」
シリーズ・プロデューサー:スティーヴ・グリーンウツド
日本語版ナレーション:前田一世
2015年/イギリス

BBC earth画像9

vol.1 前編

約49分

何百頭ものカマストガリザメはカタクチイワシの大群をしとめるためチームワークで狩りをする。隠れ身の達人アラフラオオセや、北極近海の水深1000メートルで200歳まで生きるといわれるニシオンデンザメも登場。グレート・バリア・リーフにいるマモンツキテンジクザメは、潮が引いても陸を歩いて狩りができる唯一のサメだ。そして、サメの王者ホホジロザメの狩りも見ものだ。

写真:©Duncan Brake

vol.2 後編

約50分

アカシュモクザメは群れを作らないサメだが、交尾のために太平洋の小さな島へやって来きて、求愛のダンスを踊る。メキシコ、バハの沖合にはイトマキエイが交尾のため250万頭も集まる。オーストラリア近くの海に棲むレモンザメは哺乳類と同じように子を産むことで子孫を増やす。世界最大の魚ジンベエザメは、鼻の感覚器で地球の磁場から自分の位置を知ることができる。

写真:©Morné Hardenberg/Atlantic Edge Films、
©Justin Gilligan

ページトップに戻る

著作権処理済作品