私たちは映像を通して社会のお役に立ちたいと考えております。
社会教育・学校教育・ドキュメンタリー・PR映像等の企画・製作・
販売・配給・映像ライブラリーの岩波映像株式会社

販売作品のご案内



中高年のための健康教室 老後をすこやかに過ごすために

DVD価格
個人貸出・館内上映・団体貸出・館外上映可能:50,000円(税別)
中高年のための健康教室pdf

健康で長寿でありたい。私たちだれもが切に願うことです。本格的な高齢化社会の到来を迎え、私たちは健康と長寿をどのようにとらえ、考えていけばいいのでしようか。
与えられた寿命が尽き果てるまでは、病気にかかることなく、健康に、生き生きと楽しく生きたいものです。
すこやかな健康長寿をめざすために、どのような心構えと具体的な実践行動をして行くかを知ることが大切なのです。


ガン、脳卒中、心臓病は大変怖い病気です。日本人の死因の60%以上を占めていると言われるこれらの病気は、生活習慣病の代表的なものなのです。
生活習慣病は毎日の偏った食生活や、ストレス、運動不足などの生活習慣の積み重ねで始まり、加齢によつて進行していきます。


  • 動脈硬化
  • 血管も年齢を重ねるうちに変化し、若い時には薄かつた動脈の血管の壁が、様々な付着物により分厚く硬くなり、弾力性もなくなつてきます。高齢になればなるほど、脂肪などの付着物が増え、さらに固く、もろくなってきます。

  • 脳への影響
  • 脳に充分な血液が流れなくなつた場合は、脳細胞の働きが低下して、頭痛・めまい。しびれ記憶力の低下などがおこります。
    脳の血管が破れると、脳出血。血栓によつて脳の血管がつまると脳梗塞となります。

  • 心臓への影響
  • 心臓の血管が狭くなると、動悸や息切れが起こりやすくなり、進行すると、身体を動かした時などに胸がしめつけられるように痛みます。狭心症です。血管が完全につまつてしまうと心筋梗塞となり、重症の場合は死にいたることもあります。
    動脈硬化を引き起こす大きな要因は、酸化したコレステロールと言えます。血液中に含まれる余分なコレステロールを酸化させるのが活性酸素です。

  • がん
  • 癌の原因は主に遺伝性・酸性体質がかなりのウエートを占めていると思われます。その原因のひとつ、酸性体質を進めるのも活性酸素なのです。
    本来、体には活性酸素を分解するための酵素が備わつていてバランスを保つています。しかしその抑制力が20歳を境にみるみる衰えていきます。そして分解されなかつた余分な活性酸素は健康な細胞を攻撃して炎症を起こすなど、あらゆる病気の原因となります。

  • アディポネクチン
  • どんな人でも、普段から血圧、血糖値の上昇血中脂質などによつて血管が少しずつ傷つけられています。
    血液中を流れて全身を巡つているアディポネクチンは、血管が傷ついているところを見つけると、すばやく入り込んで修復します。どうすれば、あらゆる病気の原因である活性酸素を減らし体内の修復係のアディポネクチンの不足を止めることができるのでしようか。

  • 解決法
  • 健康で長生きの人=つまり活性酸素が少なくアディポネクチンが多い人には、ある種の共通項がある生活を送つています。大きくまとめると、「節制」「適度な運動」「前向きな考え方」の3つです。
    「節制」というのは、主に力ロリーコントロールとお酒を飲みすぎないこと、そして禁煙です。「前向きな考え方」は、脳を活性化し、眠つている長寿遺伝子を呼び覚まします。そして食生活を見直しましょう。
    食べ物には、活性酸素の働きを抑えるさまざまな抗酸化成分が含まれています。たとえばビタミンCや、ビタミンEを、「若返リビタミン」ともいいます。アディポネクチンを増やす食品にも大豆製品・青魚・緑黄色野菜・ゴマ・アーモンド・海藻類などが知られています。ポリフェノール、緑茶のカテキンも活性酸素を押さえ、アディポネクチンを増やす効果があります。これらの食品を積極的に普段の生活に取り入れるといいでしょう。


チラシ画像をクリックするとpdfファイルでご覧いただけます。