私たちは映像を通して社会のお役に立ちたいと考えております。
社会教育・学校教育・ドキュメンタリー・PR映像等の企画・製作・
販売・配給・映像ライブラリーの岩波映像株式会社

販売作品のご案内



受動喫煙も有害です
タバコの煙の害のない社会環境づくり

DVD:ライブラリー価格:65,000円(税別)

一般向け/約22分/2019年

文部科学省選定

禁煙啓発DVD

監修
産業医科大学 教授
欅田尚樹/大和浩

大阪国際がんセンター がん対策センター 疫学統計部 副部長
田淵貴大

受動喫煙も有害ですpdf

 2020年4月より全面施行の「健康増進法の一部を改正する法律」によって、「望まない受動喫煙」をなくすことが広く社会に求められています。職場環境においても、職員の健康を守るため、受動喫煙の防止対策が急務となっています。また、飲食店など多くの人々が利用する公共の場では、禁煙対策は十分に進んでおりません。利用客のためだけでなく、従業員の健康を守るためにも完全禁煙が必要です。
 このDVDでは、"なぜ受動喫煙が危険なのか""なぜ完全禁煙が求められるのか"に焦点をあて、実験をまじえた映像で探り、受動喫煙防止には、職場や公共の場の完全禁煙が最善で唯一の方法であることを実証していきます。各事業所の労働衛生管理、人事等の担当者が視聴し、改正された健康増進法を受けて、企業はどのように取り組んでいくべきか考える道しるべを示すものです。また、企業の研修会などでも視聴していただくことで、働く人々全てが、健康で安心して働ける環境づくりの一助となることを目指しています。

チラシ画像をクリックするとpdfファイルでご覧いただけます。

受動喫煙による健康被害

 タバコの煙はPM2.5や一酸化炭素などの有毒ガスの混合物で、ニコチンなど200種類以上の有害物質が含まれている。そのうち、発がん性の明らかな有害物質も約70種類存在する。ごく微量の受動喫煙であっても、虚血性心疾患、肺がん等の発症の危険性は高まる。厚生労働省によると、1年間におよそ1万5千人もの非喫煙者が、受動喫煙による疾患で死亡している。

喫煙場所の問題〜職場の受動喫煙〜

 職場で禁煙対策を行う場合、「屋外に喫煙所を設ける」「建物内に喫煙室を設置する」という対策について、その効果を実験で検証していく。
 また、喫煙者の呼気から排出され続けたり、衣類等に付着したタバコの有害物質を、気管支喘息等の疾患を持つ人が吸い込めば、症状を誘発することがある(三次喫煙)。
 こうした受動喫煙・三次喫煙をゼロにする最善で唯一の方法が「全面禁煙」である。

すべての場所で全面禁煙は可能か?

 ある企業で取り組まれた全面禁煙対策。社員の声も紹介しながら、その方法やポイントについて紹介する。

禁煙外来とは

 禁煙外来では、ニコチンパッチや内服薬を用い、受けた人の7〜8割が禁煙に成功している。そのメリットを詳しく紹介する。

加熱式タバコ

 安全性やマナーの問題を取り上げて宣伝している加熱式タバコ。そのしくみや実験を見せながら、加熱式タバコも紙巻きタバコと同様に受動喫煙を防止すべきであることを訴える。

企画・制作統括:高木裕己
脚本・演出:細見吉夫