私たちは映像を通して社会のお役に立ちたいと考えております。
社会教育・学校教育・ドキュメンタリー・PR映像等の企画・製作・
販売・配給・映像ライブラリーの岩波映像株式会社

販売作品のご案内



早く知る 早く消す
台所火災に気をつけよう

DVD:ライブラリー価格:65,000円(税別)

一般向け/カラー/約18分/字幕版収録あり/2020年作品

防災教育DVD

公益財団法人市民防災研究所 推薦

監修
東京大学名誉教授 工学博士
菅原進一

指導
元横須賀市消防局 消防救急課長
小澤光男

早くしる 早く消す 台所火災に気をつけようpdf

 季節を問わず起きる住宅火災。その出火原因の上位に挙げられるのが、台所のコンロです。調理中の火の消し忘れや、火に近づきすぎて衣服に着火するなど、日頃から慣れているから大丈夫という、ちょつとした油断が大きな事故につながるのが台所火災です。さらに最近事故が多いのが、IH―コンロ(電磁調理器)や電子レンジからの出火です。電気器具も、間違った使い方をするととても危険なのです。
 本作品では、天ぷら油による調理など、ガスコンロやIHコンロを実際に使った家庭の日常で起こる台所火災の危険性を、事例や実験映像を通して解説します。そして、台所から火を出さないためには、日頃からどのような備えや心がけが大切なのかを学ぶ内容となっています。

チラシ画像をクリックするとpdfファイルでご覧いただけます。

台所に潜む危険、ガスコンロによる火災の発生

 建物火災の出火原因の1位は、調理中に放置したり火を消し忘れたりすることによって起きるコンロ火災だ。
 食用油は短時間で高温になるため、調理中に放置すると自然発火する危険性が高い。台所から離れる場合には、必ずコンロのスイッチを切ることだ。また、安全装置などがついているコンロに買い換えることも、対策として有効である。

衣類などへの火の燃え移り(着衣着火)に注意

 ガスコンロの炎が衣服に燃え移ってしまう「着衣着火」による死亡事故が増加しており、その多くが65歳以上の高齢者である。
未然に防ぐための対策や火がついてしまったときの対処法を紹介する。

IHコンロや電子レンジの火災の危険性

IHコンロ(電磁調理器)は引火の心配がなく高齢者にも人気だが、火災が起きる可能性はゼロではない。実験を通してその危険性を示し、ガスコンロと仕組みが異なることを理解し、説明書をよく読み正しく使用することが肝要だと訴える。
 また、電子レンジは汚れたまま使用すると汚れが炭化し発火することがあるので注意が必要である。こまめに掃除することを心がけよう。

台所火災の備え

 これまで紹介した出火原因のほか、「伝導過熱火災」(コンロの熱が壁の向こう側にある木材などの燃えやすい素材に伝わつて発火する火災)にも要注意。コンロと壁が近づき過ぎないように距離を置き、コンロの周りは整理整頓を心がけよう。
日常生活の中で火災を起こさないためにも、毎日調理を行う台所では、特に防火意識を強く持つことが大事である。

企画・制作統括:高木裕己
脚本・演出:菊地金義