私たちは映像を通して社会のお役に立ちたいと考えております。
社会教育・学校教育・ドキュメンタリー・PR映像等の企画・製作・
販売・配給・映像ライブラリーの岩波映像株式会社

販売作品のご案内



電気なら安全?
増加する家庭電気火災

DVD:ライブラリー価格:65,000円(税別)

一般向け/カラー/約18分/字幕版収録あり/2020年作品

防災教育DVD

公益財団法人市民防災研究所 推薦

監修
東京大学名誉教授 工学博士
菅原進一

指導
元横須賀市消防局 消防救急課長
小澤光男

電気なら安全?増加する家庭電気火災pdf

 住宅火災の発生原因としていま増加しているのが、電気や電気製品よる火災です。電気ストーブや電子レンジ、それにプラグやコンセント。身近な家庭電気製品や電気器具が、ちよっとした不注意で火災になることは少なくありません。電気は手軽で安全に思えますが、誤つた使い方をすると危険です。
 本作品は、増加する火災原因とされる電気ストーブ、電子レンジなどの電気製品や配線器具などを個別に取り上げ、火災事例、火災実験の映像などでその危険性を解説し、火災を起こさない環境や習慣をどのように心がければよいのかを考える内容となっています。高齢者の両親の家に娘と孫が訪ねるドラマ仕立てになっており、火災から自分の家を守るためにはどうしたらよいのかを探ります。

チラシ画像をクリックするとpdfファイルでご覧いただけます。

増える電気火災、電気ストーブの危険性

 住宅火災の原因を探ると「たばこ」の次が「ストーブ」となっており、石油ストーブよりも電気ストーブなどによる出火が多いことがわかる。電気ストーブの火災で多いのが、スイッチを入れたまま寝てしまい、布団がストーブに接触して燃えてしまうというケースである。
 また、ストーブの上に洗濯物を干すなど、周囲に燃えやすいものを置くことも大変危険である。

電気こたつなどの暖房器具の危険性

 冬場に洗濯物をコタツの中に入れて、乾かそうとしていないだろうか?洗濯物がヒーターに触れた場合どうなるのか、その危険性を再現実験で示す。
 また、電源コードが家具の下敷きになるなどして断線すると、ショートして発火する危険がある。コードが断線していないかを確認しよう。

電子レンジの火災事故

 電子レンジの中が調理くずや油で汚れたまま使用すると、使用中に汚れが炭化し発火することがある。汚れたと思ったらこまめに掃除することが事故防止の観点でも重要である。

タコ足配線や配線器具の危険性

 配線器具の危険な使い方は、「タコ足配線などで許容量を超えた電気器具を使用する」「テーブルタップや延長コードを束ねた状態で使用する」「コンセントと電源プラグを埃だらけにしておく」などがある。その理由と対策を解説する。

古い家電製品への注意

 家電製品は長い期間使用していると、内部の部品が劣化して発煙や発火を引き起こすおそれがある。古い家電製品は、使う前に必ず専門家に点検をしてもらおう。

日頃から安全を心がけ注意すること

 電気は便利で使いやすいが、間違った使い方をするととても危険だ。火災を起こさないためには、電気製品を過信せず、日頃から正しい使い方を習慣化することが大切である。

企画・制作統括:高木裕己
脚本・演出:菊地金義