私たちは映像を通して社会のお役に立ちたいと考えております。
社会教育・学校教育・ドキュメンタリー・PR映像等の企画・製作・
販売・配給・映像ライブラリーの岩波映像株式会社

販売作品のご案内



事故を起こさないための
運転行動
ドライブレコーダー映像から考える

DVD:ライブラリー価格:70,000円(税別)

カラー/20分/字幕選択式/チャプター付/2017年作品

(一財)全日本交通安全協会 推薦

指導:元科学警察研究所 交通科学部長 牧下 寛

協力:東京濃厚大学スマートモビリティ研究拠点

事故を起こさないための運転行動pdf

交通事故を起こさないために大切な事、それは何より交通ルールを守る事です。そして、いつでも「もしかしたら⋯」と考え、交通状況に応じて危険を予測し、すぐに危険に対応できるような運転行動を身に付ける事です。危険予測をしていれば、突発的な状況に対しても、適切な運転操作で対処でき、事故防止につながります。
本作では、ドライブレコーダーに記録された5つの事故事例から、事故につながりやすい状況を抽出し、予想される危険と注意すべき点を示し、安全確認の方法と危険に備えた運転の方法を説明しています。具体的な行動を分かりやすく提示しているため、誰でもすぐに実行できる内容です

チラシ画像をクリックするとpdfファイルでご覧いただけます。

プロローグ

ドライブレコーダー映像 ヒヤリハットと事故の事例

交通事故の要因

交通事故の実態と要因

ドライブレコーダー映像から
危険予測と適切な運転行動を考える

ドラレコ➀ "渋滞車両の死角に要注意!"

◇反対車線が渋滞中、右折時に自転車と衝突

ドラレコ➁ "右折時は、直進二輪車に要注意!"

◇信号機のある交差点で右折時、直進二輪車と衝突

ドラレコ➂ "信号機のない交差点では、安全確認を慎重に"

◇一時停止線のある信号機のない交差点で自転車と接触

ドラレコ➃ "危険予測と車間距離!"

◇前車の状況を予測出来ずに追突事故

ドラレコ➄ "連続する見通しの悪い交差点には、要注意!"

◇見通しの悪い道路での自転車との出会い頭事故

エピローグ

事故を起こさないための運転行動とは