私たちは映像を通して社会のお役に立ちたいと考えております。
社会教育・学校教育・ドキュメンタリー・PR映像等の企画・製作・
販売・配給・映像ライブラリーの岩波映像株式会社

販売作品のご案内



在宅事例から読み解くナーシング・ケア
全6巻

DVD各巻:一般・ライブラリー価格:35,000円(税別)
DVD全6巻セット:一般販売・ライブラリー価格:210,000円(税別)

このDVDは、大学や専門学校、病院、公共図書館、企業等の施設でご利用いただけるよう、館外貸出権ならびに無料上映権をクリアしています。

DVD/26分から40分(詳しくは本文をご覧ください)
在宅事例から読み解くナーシング・ケア

在宅事例を現役訪問看護師の実演により再現!
在宅看護のイメージ化、技術の解説、ディスカッション等、様々な使い方が可能な映像教材!

看護系大学・看護学校での授業
訪問看護の新任教育・研修等に是非ご活用ください! 授業での使い方、各巻の学習項目を表でまとめた『インストラクターズガイド』付きです!

本作は、事例部分と解説部分で構成されております。
授業で使いやすくするために、各事例3分〜6分という短い映像で作成しました。

第1巻

移行期:退院前カンファレンス・初回訪問

【約37分】

登場人物

療養者 野崎美智子 75歳

長年、変形性股関節症を患っており、約2週間前に人工股関節置換手術を受けた。

家族 78歳

野崎さんと同居している。最近物忘れが多く認知症の疑いあり。

チャプター

  1. 退院前カンファレンス【事例 約3分/解説 約2分】
  2. 学習項目:多職種連携

  3. 初回訪問【事例 約4分/解説 約5分】
  4. 学習項目:訪問時のマナー、生活環境のアセスメント。療養者のアセスメント、介護者のアセスメント

  5. ケア【事例 約5分/解説 約5分】
  6. 学習項目:ニーズに応じたケアの提案、物品の応用(足浴)、会話の中でのアセスメント

  7. 指導【事例 約2分/解説 約3分】
  8. 学習項目:生活動作の指導

  9. 記録・報告【事例 約2分/解説 約2分】
  10. 学習項目:スタッフとの共有

第2巻

移行期:看護技術の応用・家族への教育的かかわり

【約28分】

登場人物

療養者 山本 博 73歳

半年前に脳梗塞を発症。左半身麻痺。嚥下障害、構音障害。誤嚥性肺炎で入院し、胃ろう造設

家族 50歳

山本さんと同居している。主介護者。自宅での経腸栄養の実施に不安を抱いている。

チャプター

  1. 在宅での医療機器管理の支援①【事例 約6分/解説 約4分】
  2. 学習項目:療養者のアセスメント、家族への指導(自信を付けてもらう)、物品の応用(点滴スタンドの代用)

  3. 在宅での医療機器管理の支援②【事例 約3分/解説 約2分】
  4. 学習項目:家族への指導(訪問後の手順の確認)

  5. 在宅での医療機器管理の支援③【事例 約3分/解説 約2分】
  6. 学習項目:トラブルの予測と予防、緊急時の連絡先の連絡

  7. 記録・報告【事例 約2分/解説 約2分】
  8. 学習項目:スタッフとの共有

第3巻

安定期:看護介入のための日常生活アセスメント

【約26分】

登場人物

療養者 斉藤英樹 56歳

糖尿病による合併症で、脳梗塞を発症。左片麻痺があり、4点杖で歩行している。一人暮らし。2ヶ月前から訪問看護を週2回、訪問介護を週2回利用。

チャプター

  1. ある日の訪問後カンファレンス【事例 約3分/解説 約2分】
  2. 学習項目:スタッフとの共有(生活改善に向けての移動変容)、療養者との信頼関係づくり

  3. 訪問(あいさつ・コミュニケーション)【事例 約2分/解説 約2分】
  4. 学習項目:訪問時のマナー、会話の中でのアセスメント

  5. 療養者の状態をアセスメントする【事例 約3分/解説 約3分】
  6. 学習項目:ニーズに応じたケアの提案、会話の中でのアセスメント、療養者の努力の承認

  7. 療養者の食事指導をする【事例 約4分/解説 約4分】
  8. 学習項目:生活状況のアセスメント、食事指導

第4巻

安定期:療養者のエンパワメントの促進・多職種連携

【約31分】

登場人物

療養者 斉藤英樹 56歳

糖尿病による合併症で、脳梗塞を発症。訪問介護を導入してから3ヶ月が経過。リハビリに熱心に取り組み、4点杖から1点杖になった。週2回の訪問看護のほか、週1回、訪問リハビリも導入。

チャプター

  1. 活動に関するアセスメント【事例 約4分/解説 約3分】
  2. 学習項目:多業種連携、連絡帳を活用したアセスメント、生活動作の中でのアセスメント

  3. 療養者の活動範囲を拡大させる①【事例 約4分/解説 約3分】
  4. 学習項目:活動範囲拡大につなげる提案、更衣介助、低血糖対策

  5. 療養者の活動範囲を拡大させる②【事例 約3分/解説 約1分】
  6. 学習項目:歩行介助、低血糖対策

  7. 療養者の活動範囲を拡大させる③【事例 約4分/解説 約3分】
  8. 学習項目:障害受容に向けた支援

  9. 記録・報告【事例 約3分/解説 約1分】
  10. 学習項目:スタッフとの共有、多職種連携

第5巻

終末期:療養者の意思を尊重するケア

【約28分】

登場人物

療養者 今井治郎 68歳

肺がんステージIV。自宅で緩和ケア中。訪問看護を週2回利用している。最期まで自宅で過ごすことを希望している。

家族 65歳

今井さんと二人暮らし。一人娘がいるが、遠方で暮らしている。

チャプター

  1. サービス担当者会議【事例 約5分/解説 約6分】
  2. 学習項目:多職種連携、訪問看護の仕組み

  3. 療養者・介護者の苦痛軽減のためのアセスメントとケア【事例 約4分/解説 約4分】
  4. 学習項目:バイタルサインの測定、苦痛軽減のためのアセスメントとケア、介護者のアセスメント

  5. 療養者・介護者をリラックスさせるためのアセスメントとケア【事例 約4分/解説 約2分】
  6. 学習項目:身だしなみ、リラックスさせるケア

第6巻

終末期:自宅で看取るためのケア

【約40分】

登場人物

療養者 今井治郎 75歳

肺がんステージIV。自宅で緩和ケア中。最期まで自宅で過ごすことを希望。在宅酸素治療法とモルヒネ製剤投与を実施中。

家族 65歳

主介護者。今井さんと二人暮らし。

家族 32歳

両親とは同居せず遠方で暮らしている。

チャプター

  1. 看取りに向けての準備【事例 約7分/解説 約4分】
  2. 学習項目:家族を一体的に捉えた支援、臨死のプロセスの説明

  3. 家族に対する支援【事例 約3分/解説 約3分】
  4. 学習項目:介護者のアセスメント、介助者の努力の承認

  5. 記録・報告【事例 約2分/解説 約2分】
  6. 学習項目:スタッフとの共有、多職種連携

  7. エンゼルケア【事例 約6分/解説 約4分】
  8. 学習項目:エンゼルケア、悲嘆のプロセスの説明

  9. グリーフケア【事例 約4分/解説 約2分】
  10. 学習項目:残された家族のフォロー

【総監修】

野崎真奈美

順天堂大学 医療看護学部/大学院医療看護学研究科 基礎看護学/看護教育学 教授

【監修】

仁藤紀子

川崎市立井田病院 地域医療部 在宅ケア医療担当 診療看護師(NP)

西﨑未和

共立女子大学 看護学部 地域在宅看護学 専任講師

寺岡三佐子

順天堂大学 医療看護学部 准教授

石井真理子

順天堂大学 医療看護学部 助教

出演にあたり

今や時代は、在宅医療に舵をきっております。そこで在宅看護が発展していくことが予測されますが、訪問看護は患者様のこ自宅という密室で日々行われる為、看護学生さんはもちろん同業者、一般市民の方にもイメージが付きにくい仕事であることは否めません。そこで映像による可視化に勇気を持って参加して、訪間看護師という仕事の認知度が上がることを期待して、今の時代の訪間看護実践の一部(看護の本質や醍醐味を含めた)を表現してみました。少しでもこれをこ覧になった皆様のお役にたてればと願っております。

仁藤紀子

川崎市立井田病院 地域医療部
在宅ケア医療担当 診療看護師(NP)

このDVDを権利者に無断で、複製(異なるテレビジョン方式を含む)、放送(無線、有線)、レンタルなどに使用することは法律で禁止されています。